平成21年度 活動の概要

 視聴覚教育

1.映像教材の提供、利用促進
 (1) 教材・機器の貸し出し数
ビデオ教材(DVDを含む) 546本
16o映画教材 0本
OHC 1校
液晶プロジェクター 33校
スライド映写機 1件
 (2) 巡回ビデオパック (9月〜12月)
学校を4つのグループに分けて巡回視聴
 (3) 平成22年度用教材選定会
感動を与え心情に迫る映像教材の選定
教科指導のなかで資料的に利用できる映像教材の選定
 (4) 平成22年度への課題
・ビデオ教材の充実と広報活動による貸し出しサービスの向上を図る。
・貴重な自主制作教材のデジタル化を図る。
・教育現場の要望に応じた教材の充実を図る。
2.自主制作、開発支援
 (1) 自主制作、開発支援
「ごみのゆくえ」、「豊橋の歴史」編集
 (2) 平成22年度への課題
・映像データベースの充実を図り計画的に映像をとり入れる。
・コンピュータ用マルチメディア教材としての活用法を研究する。


 情 報 教 育


3.情報教育の推進

  (1) 情報教育研修講座実施

    実施状況(平成21年度)
研修講座名 受講者数
小学校 中学校 高校 合計
 小学校管理者 52       52
 中学校管理者   22    22
 コンピュータ基本操作
 ネットモラル・セキュリティ 11 10 24
 ワード基礎 20    23
 エクセル基礎 57 15 74
 通知表作成(ワード) 21 18 41
 成績表作成(エクセル) 66 26 97
 スタディノート活用 18    20
 スタディノートポケット活用      
 ホームページ作成・活用 23 15    38
 わいわいレコーダー活用 12    14
 動画コンテンツ活用(ムービーメーカー) 31 10 41
 画像処理(デイジーアート) 32 16    48
 実物投影機・デジタル掛図活用 27    31
 音楽CD作成 37    46
 ジャストスマイル活用 50    50
 図書館ソフト活用 30 35
 情報教育交流研修会(わいわいセミナー) 41 21    62
総     計 537 177 13 727

  (2) 情報教育支援のための活動
   ・各学校ホームページ支援
   ・小中学校研修講座準備(テキスト作成・講師依頼)
   ・小学校学習用コンピュータ「指導用資料」作成・配布
   ・スタディノート活用支援
   ・校内ネットワーク構築の支援

  (3) 教育情報処理業務支援のための活動
   ・情報嘱託員による利用援助

  (4) 平成22年度への課題
   ・校内LAN接続による教材提示用コンピュータやプロジェクタの活用実践
   ・情報セキュリティを高めるための校務用サーバや校務用ノートの運用とその支援
   ・情報モラル教育の実践的推進
   ・校務用コンピュータの利用支援
   ・電子黒板や大型テレビの活用支援

トップへ戻る