教職員研修

教職員研修の概要
(1)教職員研修の体系

   研修を、その性格と内容とから、「校内研修」「基本研修」「職務研修」「研究部等研修」「課題・専門研修」「特別研修」に分類する。

  @ 校内研修
市現職研修委員会が統括する。
校長のもと校内現職研修委員会を組織して、自主的主体的に研修を進めるものである。
個々の自主研修
個々の教職員がテーマをもち、自主的に研修し、実践活動を通して課題解決に取り組む分野
組織的研修
学校としての研究課題を設定し、全教職員で課題解決に取り組む分野
ブロック合同研修
ブロック内で、共通のテーマをもとに連携を図りながら、研修会等を計画し資質向上や意識向上を図る分野
  A  基本研修 
    市教育委員会が統括する。
教職員の経験年数に応じた研修を実施し、教育専門職としての資質の向上を図る分野
  B  職務研修
    市教育委員会が統括する。
職務遂行のために必要な資質能力・知識・技能の向上を図る分野
C 研究部等研修
市現職研修委員会が統括する。
教科等研究部を組織して、自主的主体的に研修を進めるものである。
     自主研修
各研究部のテーマのもとに、課題の解決に向けてグループ等を組織して研究する分野
専門研修
研究部に関わる専門性や指導力の向上を目指して、各研究部が企画・運営する全体的な研修の分野
研究部研究大会
各研究部の1年間の研究の成果を、研究部員が一堂に会して協議する分野
D 課題・専門研修
市教育委員会が統括する。
職務に関数する課題や教育課題に対応する資質の向上を図る分野
E 特別研修
市教育委員会、市現職研修委員会が共同で統括する。
特定したことについての研究・研修を進めるものである。
派遣研修、教育研究発表会、研究指定、研究論文等に関わる分野

トップへ戻る